NSDのコマンド


<< Prev UP Next >>

NSDの起動の前に、NSD付属のコマンドを紹介します。NSDには起動スクリプトは付いてこないので、ここで紹介するコマンドを使って操作を行います。最も利用頻度が高い nsdcコマンド のみの紹介です。

nsdc


nsdc [-c configfile] {start|stop|reload|rebuild|restart|running|update|notify|patch}

オプション

-c コンフィグファイルの場所を指定。指定しない場合は、/usr/local/etc/nsd/nsd.conf が使われる。

コマンド

start NSDの起動  
stop NSDの停止  
reload 設定の再読み込み  
rebuild DBファイルの生成  
restart NSDの再起動 nsdc stop && nsdc startと同義
running NSDの状態を確認 起動中なら何も返ってこず、その他の場合は何かメッセージが返ってくる。
update
notify Notifyの送信 nsd.confにnotify:が記述された全てのゾーンに対してNotifyを行う。
patch DBファイルの統合 ixfr.dbはゾーン転送の繰り返しで永遠に成長していくため、時々nsd.dbに統合する必要があり、それを行うコマンド。

コマンド実行例


初回起動

# nsdc rebuild && nsdc start

設定変更の適用

# nsdc rebuild && nsdc reload
<< Prev UP Next >>

Copyright (c) 2010 filly. All Rights Reserved.